FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形県ピックアップ!

SHIP/少年mind
 ◆ファーム日本選手権 巨人2−7中日(29日、山形県野球場) 2軍の日本一を決めるファーム日本選手権が29日、山形県野球場で行われ、セ・リーグVを争う巨人と中日が激突。序盤はイースタン覇者の巨人が先行したが、ウエスタンを制した中日が一発攻勢で逆転し、1軍より一足早く3年ぶり4度目の優勝を決めた。最優秀選手には吉見一起投手(23)が選ばれ、賞金50万円を獲得した。 マウンド上で広がる中日の歓喜の輪を、巨人・吉村2軍監督は一塁ベンチからしっかりと見届けた。1軍が激しいV争いを繰り広げている中日との“前哨戦”に勝って、援護射撃する。その願いはかなわなかった。「1軍にいい報告ができれば、と思っていたので残念です」と指揮官は話した。


 1球の怖さを思い知らされた。先発・深田が抜群の制球力で4回まで無安打。だが、2点リードの5回、先頭・堂上剛にソロ本塁打を浴び、6回には森岡にバックスクリーンに逆転2ランを打たれた。「あの2球ですね。(ストライクを)取りに行ったわけじゃないけど、意味のある、意思のある球じゃなかった」と左腕は反省した。救援陣も打ち込まれ、12年ぶりのファーム日本一はならなかった。 だが、7年ぶりのリーグ制覇が色あせることはない。試合前のミーティング。吉村監督は「1年間戦ってきたメンバーで、いつもの戦い方をしよう」と、4人の新人をスタメンに並べた。平均年齢は23・7歳。坂本が1安打1盗塁、田中も左中間二塁打を放ち、大舞台にも臆(おく)することなくプレーした...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


水田環境特A地区山形県豊牧棚田米あきたこまち5kg 40Y-6






2007年09月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形県の話題なら・・・コンビニ店で偽札使う=33歳男「自分でつくった」-宮城県警 | 山形県 新聞速報TOP | 山形県 事故:横浜の男性、パラグライダーで着地失敗し重傷--山形・南陽 /神奈川 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。