FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形県速報-中日3年ぶりV!堂上剛反撃の1発効いた…ファーム日本選手権

SHIP/笑顔
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070930-00000060-sph-base
 ◆ファーム日本選手権 巨人2-7中日(29日、山形県野球場) 2軍の日本一を決めるファーム日本選手権が29日、山形県野球場で行われ、セ・リーグVを争う巨人と中日が激突。序盤はイースタン覇者の巨人が先行したが、ウエスタンを制した中日が一発攻勢で逆転し、1軍より一足早く3年ぶり4度目の優勝を決めた。最優秀選手には吉見一起投手(23)が選ばれ、賞金50万円を獲得した。
写真はコチラ

 9回2死。最後の打者・三浦を遊ゴロに打ち取ると、マウンド付近に向かって中日ナインが一斉に駆けだし、歓喜の輪を作り上げた。


04年以来、3年ぶり4度目のファーム日本一。全員が喜びを爆発させた。

 打線は深田に4回まで無安打。その流れを5番・堂上剛が変えた。5回、先頭で打席に立つと、3球目をフルスイング。バックスクリーン横に飛び込む一発を放った。これで打線が奮起。6回には打者10人で4点を挙げて逆転。「よく打ってくれた」と辻2軍監督がたたえると、3安打2打点のヒーロー・堂上剛は「完ぺきです」と振り返った。

 1軍では巨人が優勝マジックを2とし、自力優勝はない。絶望的ともいえる状況の中で決めた弟竜の快挙。「エールを送れたと思います」と辻監督は笑った。

 ◆救援5回0封 吉見がMVP  最優秀選手に選ばれたのは、好リリーフを見せた2年目の吉見だ。4回からマウンドに立ち、まず2イニングを3人ずつで仕留めて流れを呼び込んだ...

ニュースの続きを読む


SHIP/笑顔






2007年09月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形県 事故:横浜の男性、パラグライダーで着地失敗し重傷--山形・南陽 /神奈川 | 山形県 新聞速報TOP | 山形県巨人弟援護ならず 1軍V争う宿敵に逆転負け…ファーム日本選手権 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。