FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形県:巨人弟お先に!竜倒日本一だ…29日ファーム日本選手権

<平成18年>山形県おきたま産黒米300g+<平成19年産新米>ひとめぼれ300g
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070929-00000048-sph-base
 弟が一足先に、日本一に輝く。巨人2軍は29日のファーム日本選手権の舞台となる山形入り。吉村禎章2軍監督(44)は28日、「今年1年の集大成を見せる」とファーム12年ぶりの日本一を誓った。ウエスタン・リーグ覇者・中日を退け、1軍への“援護射撃”とする。

 もうやることはやった。吉村2軍監督は質問に大きくうなずいてから、切り出した。「ここまで来たら、何も変わらないよ。今年、全員の力を合わせてイースタン・リーグを制覇した。そのままの気持ちで臨んで、勝ちたい」自分たちの野球ができれば-。言葉の裏に、強い自信を含ませた。




 くしくも、相手は現在、1軍がセ・リーグの覇権を激しく争っている中日。先発が濃厚な2年目の深田が、ナインの気持ちを代弁した。「やっぱり僕らが勝てば、1軍にも勢いがつくと思います。しかも中日ですから負けられないです」今季、イースタンでは最優秀防御率(2・40)、最高勝率(8割1分8厘)の2冠に輝いた左腕は、兄貴分への“アシスト”を宣言した。

 この日、チームは午後に決戦の舞台となる山形県野球場で、約2時間練習を行った。打撃陣は室内で首脳陣が投げる球を打ち返し、投手陣は短距離ダッシュ中心で最終調整した。終盤、ファームでローテーションを担った上野、栂野らもブルペンで中継ぎ待機し、1軍ばりの総動員となる。

 7年ぶりのイースタン・リーグ優勝を決めた時、吉村2軍監督は、優勝争いをしていた1軍を考慮して、胴上げを辞退した...

ニュースの続きを読む


SHIP/少年mind






2007年09月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 最新山形県情報:福岡が大移動の3連戦白星で締める | 山形県 新聞速報TOP | 山形県の話題なら・・・労働意欲を支えているもの、男性の約4割が「家族」 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。