FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形最新ニュース:追跡やまがた:モンテディオ山形・来季への課題 攻撃の幅が必要 /山形

芳醇なラフランスが1円から!【36時間限定のスピードオークション!!】1箱8~9玉入【1円スタート...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071216-00000108-mailo-l06
 ◇戦術研究には柔軟対応で
 サッカーJ2のモンテディオ山形は、9位で今季の戦いを終えた。序盤こそ、高い位置でボールを奪う攻守の切り替えの早いサッカーで快進撃を続けたものの、第2クール以降は相手チームに戦術を研究されて攻撃を封じられた。中央突破などの新たな戦術を試したが、選手の間にはなかなか浸透しなかった。好機を作れずに、あと1点が遠い試合が続いた。今季の試合を振り返り、来季への課題を探った。【細田元彰】
 「守備から試合を作ることができ、試合の流れを作れていた。拮抗(きっこう)した試合でもセットプレーからの得点があった」。


樋口靖洋監督は好調だった第1クールを振り返る。
 高い位置でボールを奪い、FW陣を攻撃の起点としてMF陣が次々に攻撃参加する層の厚い攻めを見せ、得点を量産した。第14節終了時点ではクラブ史上初となるリーグ単独首位に立った。
 しかし、第2クールに入ると、相手チームは山形の高い位置でのプレスを警戒し、ロングパスを多用してくるようになった。対応策として「ロングパスを簡単にけらせないようにする」「こぼれ球を拾う」などの指示を出したが、ボールを奪う位置が下がったことで、より手数を増やして攻めることが求められた。
 そこで攻撃の種類を増やすため、得意のサイド攻撃に中央から相手守備を崩す戦術を組み合わせた。だが、攻撃の起点となるFW陣が役割を果たせず、攻撃途中でボールを奪われる場面が目に付いた...

ニュースの続きを読む


【20%OFF】1枚1,580円→50枚64,000円(1,280円/枚)【業販特価】タイヤ4本収納 タイヤカバーMサイ...






2007年12月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形って知ってます? | 山形県 新聞速報TOP | 山形関係ネタ発見! 海岸漂着ごみ:発生、ルート解明 環境省がモデル調査、酒田でボトル放流 /山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。