FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形関係ネタ発見! 海岸漂着ごみ:発生、ルート解明 環境省がモデル調査、酒田でボトル放流 /山形

でんすけ⇒ 高感度デジタルプロセスカラーカメラ【防犯・監視機器★】 VICTOR TK-S549
 ◇100本放流、拾ったら連絡を
 河川に捨てられたごみがどのような過程を経て海岸の漂着ごみになるかを調べる環境省の調査が15日、酒田市浜中の赤川河口で始まった。自然界で微生物に分解される特殊素材製ボトルを放流し、拾得者からの情報を収集、分析する方法で、同省ではごみが流れ着くメカニズムの解明につなげたい考えだ。【釣田祐喜】
 環境省は漂着ごみの状況把握を行う「漂流・漂着ゴミ国内削減方策モデル調査」に、酒田市を含む全国7県の11海岸を採択。同市での調査は全国に先駆けて実施された。


調査を委託された環境コンサルタント会社「日本エヌ・ユー・エス」(東京都港区)によると、漂着ごみの大半は、町中を流れる河川から出ているとみられるが、具体的な発生源や漂流ルートは分からないのが実態だという。
 調査では、特殊素材「生分解性プラスチック」製のボトル100本を使用。同素材は1年程度で微生物に分解されるため、環境に影響を与えないという。ボトルには一部を黄色く塗装し、電話番号や日本語と英語で「見つけた方はご連絡下さい」などと印字されている。
 同省では今後、大雨後に青色のボトル100本を放流する予定で、増水による影響なども調べる。ボトルを見つけた人は同社漂流・漂着ゴミ調査担当(0120・133395)へ。

12月16日朝刊
(引用 yahooニュース)


でんすけ⇒ ショルダーストラップ【カメラオプション★】 SONY ショルダーストラップ STP-SB1A...






2007年12月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新ニュース:追跡やまがた:モンテディオ山形・来季への課題 攻撃の幅が必要 /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形ならこれ! 年末年始:新幹線、混雑のピークは下りが29日--指定席予約状況 /福島 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。