FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形特報-北海道新幹線:整備新幹線検討委、年度内結論 財源確保が焦点に /北海道

山形伝統の田舎そばと金箔入りのおめでたい本醸酒セット【蔵元直送】【山形県】鷹山そばと本醸...
 ◇知事ら「延伸に前進」
 政府・与党の整備新幹線検討委員会が14日、東京の首相官邸で開かれ、北海道新幹線の新函館―札幌間など未着工区間についてワーキンググループ(作業部会)を設置し、今年度末までに結論を出す方針で合意した。借金なしの建設が原則で、財源をどう確保するかが今後の焦点となる。難航も予想されるが、高橋はるみ知事や道内経済界は「一歩前進」と前向きにとらえた。
 政府側から町村信孝官房長官と総務、財務、国土交通の3閣僚、与党側から自民・公明両党の幹事長、政調会長らが出席した。検討委は(1)未着工区間の財源確保(2)地方負担への配慮(3)並行在来線などの課題――の3点について検討を始めることで合意。


具体的な議論は作業部会で行い、「今年度末までに財源確保策のめどをつけた上で結論が得られるよう全力を注ぐ」とした。
 また、既に着工した新青森―新函館間などの完成が遅れないように08年度予算での事業費確保も確認した。
 整備新幹線の未着工区間は全国に3カ所あり、北海道新幹線のほか▽北陸新幹線の金沢―敦賀間▽九州新幹線長崎ルートの諫早―長崎間の着工が検討課題。建設費用は札幌延伸分の1兆800億円など計2兆円余りに上る。現在工事中の区間では、既設の新幹線線路などをJRに売って国が得る収入を費用に充てているが、これは現工事分などでなくなってしまう予定だ。
 合意に対し、高橋知事は「ひとつ前進したとうれしく思っている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


ポイント2倍!山形県奨励品種米「山形庄内はえぬき」11年連続食味ランキング特Aの実績!遺伝子...






2007年12月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新ニュース:ファンに感謝23日最終上映 山形・シネマ旭 | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新山形市・下水道料金徴収漏れ:市長ら減給 /山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。