FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形って知ってます?

でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 SCSI延長ケーブル【ケーブル★SCSI】 SANWASUPPLY SCSI延長ケーブ...
 ◇交流で新しいつながりを
 作家・井上ひさしさんが「校長」を務める遅筆堂文庫・生活者大学校が今月8、9日、出身地の川西町の農村環境改善センターで開かれた。年1回で今回で20回目。続いてきたエネルギーを知りたいと思い、出席した。
 生活者大学校は87年、井上さんの蔵書をもとに作られた図書館「遅筆堂文庫」が同町に開館した翌年に開校した。地元の青年たちの熱意に心うたれた井上さんが、生活者の視点で暮らしを見つめ直そうと始めた。毎回テーマを決め、講師を招いて勉強するもので、今回も県内外から200人以上が集まった。
 今年のテーマは「しごとと憲法」。初日は、東京都大田区の町工場地帯で50年近く旋盤工として働き、体験をルポや小説として書いてきた小関智弘さんと、非正規労働者の問題に取り組む作家の雨宮処凛さんが講演した。


2日目は「教頭」の作家、山下惣一さんが自身の仕事である農業について、「生きるための仕事であってビジネスではない」という持論を展開した。井上さんは最近執筆している作品について話した。
 昼休みに井上さんと10分ほど話す機会があり、「6次の隔たり」の話が特に印象に残った。知り合いがつながって6人を介せば、世界のどこの人ともつながることができるという社会学の理論だ。
 「話を聞いて、交流したことで新しいつながりができていく」。だから「参加者にはいい意味で期待していない」という。ここで交流していけば、新しいつながりができていくというのだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 ペーパーカセット 【プリンタオプション★】 CANON ペーパーカセ...






2007年12月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新感染性胃腸炎:集団発生で34人発症、1人死亡--村山の特養ホーム /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 最新山形情報:◎1割増、曜日配列が影響か=JRの年末年始予約状況 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。