FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形についてのメモ。

【メ在庫~30台 】インクカートリッジ BCI-8PBK【インクカートリッジ BCI-8PBK】 CANON 0982A001
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071215-00000005-khk-l06
 山形県は14日、世界遺産暫定リスト入りを目指し、年内に文化庁に提出する「最上川の文化的景観」についての最終案を固めた。最上川の舟運や庄内平野の稲作など、川と人が共生してきた歴史を前面に出し「未来に伝えるべき、人類の優れた土地利用の事例」と訴える。

 山形市内であった県世界遺産育成推進委員会に報告した。県は「川を主軸にした世界遺産はアジアに例がない」(県世界遺産推進室)と優位性を強調。20日にも斎藤弘知事が文化庁長官を訪ね、提案書を提出する。県内26市町村が共同提出者になる。

 最終案では、副題として「舟運と水がはぐくんだ農と祈り、豊かな大地」と新たに設定。


舟運と稲作、出羽三山に象徴される「祈り」の3本の柱を示した。

 流域の住民が最上川を多彩に利用してきた裏付け史料として、江戸時代の「川絵図」に描かれた風景や、米沢―酒田間200キロに川床を掘削して整備された水路(舟道)などを例示。「河川の多様な利用を基本とする地域形成のモデルになる」と表現した。

 県は来年度、世界遺産登録に向けた県民運動の母体となる「県世界遺産協働育成会議」(仮称)を新たに設置する。県民や県内企業を巻き込み、本格的な運動に取り組む体制を整える。

 県世界遺産推進室によると、28日に締め切られる暫定リスト登載候補には、国内から33件が申請される。昨年に続く再提出は「最上川」を含む20件。リスト入りは、来年夏ごろ決定する見通し...

ニュースの続きを読む


【メ在庫30台以上 】バッテリーチャージャー CG-300 (DOM)【キヤノンバッテリーチャージャー CG...






2007年12月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形特報-サケの卵:大切に育てて、春には川に放流だ 最上漁協、真室川小に500個 /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形 カカ決勝アシスト!浦和の夢砕くクロス…クラブW杯第5日 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。