FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形関係ネタ発見! 原油高騰:県立5病院の燃料代を直撃、2700万円増 県の初会議で報告 /山形

★米沢織真綿紬 市松かすり  16%OFFさらにプレゼント付
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000057-mailo-l06
 原油価格の高騰を受け、県は10日、県内で広がる影響を的確に把握しようと、関係8部局の担当者を集めた対策会議を設置し、第1回会合を開いた。県立5病院の燃料代で計2700万円の影響が出るなど、各分野で報告があった。
 暖房施設や給湯設備の燃料に使うA重油の1リットル当たり単価が4月から10月にかけ約20円上昇した。県立5病院では、年度初めに単価契約を結ぶが、卸業者の要請を受け、契約額の変更を余儀なくされてきた。この結果、4月時点の単価で購入し続けた場合に比べ、同期間だけで燃料代が計2700万円増えた。



 県病院事業局は「適切な療養環境を維持するため、大幅な削減はできない。暖房の使用が増える本格的な冬に入り、さらに負担が大きくなりそう」と懸念する。
 A重油の12月の1リットル単価は77・8円と05年1月に比べ約2・3倍で、この高水準が続けば、冬のハウス栽培に大きな影響が出る。1月から4月末にかけ加温するサクランボ農家の場合、燃料費は平均モデルで約128万円。05年1月時の単価で購入した場合に比べ、約73万円の負担増となる見込みだ。漁業でも底引き網の場合、同月時点に比べ年間約125万円燃料費が増える。
 県農政企画課は対策として、国の低利融資制度の紹介などをしている。
 この他、学校・福祉施設で灯油▽運送業やごみ収集車でガソリン▽製造業で重油――の高騰による深刻な影響が報告された。【大久保渉】

12月11日朝刊

19年産山形県産こがねもち 未検査 玄米30kg全国送料945円(30kg袋単位、一部離島を除く)






2007年12月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新ニュース:福岡戦力外の選手らがトライアウトへ | 山形県 新聞速報TOP | 山形についてのメモ。 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。