FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形感染性胃腸炎:大流行の兆し 患者数、7週連続増 うがい、手洗いの励行を /山形

【新米19年産・送料無料】無洗米 山形県産あきたこまち 10kg(5kg×2袋)【専用水モニター】
 感染性胃腸炎が県内で流行している。県衛生研究所が定点観測している医療機関からの患者数の合計が、2日まで7週連続で増加した。
 6日公表された県感染症発生情報によると、感染性胃腸炎は置賜地区を除く各地区で7週連続で増加している。1定点観測点当たりの報告数は全国のトップグループだという。患者数は大流行した昨年の同期(508人)とほぼ同じ504人。
 感染性胃腸炎は例年11月~翌3月にかけて流行する。細菌やウイルスなどに感染して発症し、特に冬場はノロウイルスが原因になることが多いという。



 主な症状は嘔吐(おうと)、腹痛・下痢で、1~2日で快方に向かうが、高齢者や子供は脱水症状に注意が必要だ。症状が軽くなっても便にウイルスが含まれるため、手洗いなどで予防することが重要という。
 病原体が口から入り、腸内で増殖して病気を発生させるので、この経路を断つことが予防対策のポイント。対策は(1)帰宅時、トイレ後、調理前、食事前などでうがいとせっけんでの手洗い(2)患者の吐物処理やオムツ交換時は、手袋などを着用(3)症状のある時の入浴はシャワーだけとするか、最後に入ること――など。【佐藤薫】

12月11日朝刊
(引用 yahooニュース)


くどき上手 純米吟醸 減農薬米使用 無濾過しぼりたて生酒 1800ML






2007年12月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形特報-J1へダッシュ・モンテディオ山形:サッカー 小林新監督「昇格に挑戦」 /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形の話題なら・・・犬猫殺処分:動物に安らかな死を 県民有志、改善へ署名の輪 /山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。