FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形県ピックアップ!

音程も正確で初心者に最適! ALA MOANA UK100-MH
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070925-00000007-khk-l06
 山形県鶴岡市藤島地区の農家が、眼病予防成分を含む食材として注目を集めるサツマイモの新品種「すいおう」の栽培に力を入れている。導入3年目で生産者は20人に増加。加工品の開発も進み、東北では珍しい産地化を目指している。

 地元の農産物直売所「四季の里 楽々(らら)」には、朝取りしたすいおうが葉を付けた状態で一束(約200グラム)100円で並ぶ。収穫期は6月下旬から10月中旬まで。すいおうが買える直売所はほかになく、最近は認知度も上がって売れ行きが伸びてきた。

 すいおうは豊富な栄養分を摂取するため、葉や茎を食べられるよう改良された品種。


普通のサツマイモと違ってとげや癖がなく、料理への応用が利く。定番のあえ物、煮物、天ぷらのほか、青菜の代わりにおにぎりに巻いて焼いたり、ギョーザの具の一部にしたりと、地元の主婦らが調理法を研究し、レシピを添えてPRしている。

 生産者は3年前の2人から昨年は6人、今年は20人に増えた。栽培して2年になる阿部正志さん(57)は「苗を植えて根付くまでの約2週間は気が抜けないが、その後は大して手間もかからない。以前、ハウス栽培したトマトよりずっと楽だ」と、利点を話す。

 行政も販路拡大を支援し、農協を通じて市場に出荷したり、飲食店に売り込んだりするほか、加工品開発にも力を入れる。これまでに、乾燥させて粉状にし乾めんに練り込んだうどんを製品化。菓子やパン、豆腐、草もちなどにも混ぜ、一部商品化もされている...

ニュースの続きを読む


FT コンサートウクレレ KC-2






2007年09月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形県速報-「倒産続出」病院ビジネスに明日はない | 山形県 新聞速報TOP | 最新山形県情報:散歩道:洋画、書道、写真など779点展示--日立 /茨城 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。