FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形速報-中国残留孤児訴訟:集団訴訟取り下げ 「帰国してよかった」原告が初実感 /埼玉

いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 【ケーブル★USB】 SANWASUPPLY KU20-ECEN3
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071208-00000067-mailo-l11
 ◇改正支援法の成立受け--会見で語る
 中国残留孤児・婦人への新たな支援策を盛り込んだ改正中国残留邦人支援法の成立を受け、埼玉県や東京都内の残留婦人ら18人が7日、国に約5億6000万円の損害賠償を求めてさいたま地裁に起こした集団訴訟を取り下げた。原告団は記者会見し、「初めて日本に帰国してよかったと思った」と喜びを語った。【弘田恭子】
 訴訟取り下げの手続き後、埼玉弁護士会館(さいたま市浦和区)で行われた会見には原告ら7人が参加した。佐藤淑枝さん(76)は「何度も国に見捨てられたわれわれが、この日を迎えられたのは皆さんのおかげ。


亡くなった人の分も長生きし、日本人らしく戦争のない平和な国づくりに力を貸したい」と話した。一方、石原政子さん(78)は「終戦のわずか3カ月前に満州に入植した。敗戦で40代だった父母は死に、何のために行ったのか分からない。政府は負けるとわかっていながら、なぜ中国に行かせたのか」と怒りを込めた。
 改正法は08年1月1日に施行され、国民年金の老齢基礎年金や住宅支援金などが順次給付される。だが、給付基準が不透明などの問題点も指摘されている。関東弁護団長の鈴木経夫弁護士は「厚生労働省は前向きに取り組んでいるが、実際に支援にあたる地方自治体に温度差がある。2世、3世に対する教育・就労支援も不十分だ。今後も(行政に)働き掛けを続けていきたい」と話した。
 ◇「心の傷は消えない」 複雑な心境も--原告団長・佐藤さん
 ようやく国が耳を傾けてくれた――...

ニュースの続きを読む


いーぐる⇒ ショルダーストラップ【カメラオプション★】 SONY ショルダーストラップ STP-SB1A...






2007年12月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形J1へダッシュ・モンテディオ山形:サッカー 新監督に小林氏 /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 最新山形情報:ザスパ草津・植木繁晴監督に聞く 「15勝はできると思った」 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。