FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最新山形情報:ザスパ草津・植木繁晴監督に聞く 「15勝はできると思った」

いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 会議用ディスプレイ切替器【その他切替器】 ELECOM DTS-TS8
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071208-00000047-san-l10
 サッカーJ2のザスパ草津は、7勝21分け20敗(勝ち点42)の11位で今季の全日程を終了した。中盤に成績が失速するなど勝ちきれなかったチーム事情や、練習環境の改善が課題として残された。戦いを終え、植木繁晴監督(53)に今季を振り返るとともに、来季への決意を聞いた。(小川寛太)

 --今季の成績をどう評価する

 「勝ち星は最低レベルだった。真ん中くらいの順位が目標で、15勝前後できると思った。20敗は今のチーム力を思えば仕方ない」

 --引き分けが21試合と多かった

 「水戸や徳島など下位チームとの試合でスコアレスドローが5試合もあった。


その一方で、負けてもずるずるいかず、引き分けにできる強さがついてきたのも確かだ」

 --第1クールは五分の成績だったが

 「今季は、3人目の動きを重点課題にしてキャンプからやってきたことができた。だが、レベルアップするために、選手に個人の判断を求めたところ、連携がちぐはぐになり迷いが出た。第2、3クールにやりたかった守備陣の強化に時間が使えず、悪循環になった」

 --終了間際に追いつかれた第2クールの山形戦が大きかった

 「あの試合が今季のターニングポイント。前節の水戸戦で勝っており、山形に勝てば連勝もあった。引き分けたことで、『終盤に入るとやられるんじゃないか』という気持ちが広がり、自信を持って逃げ切れなくなった」

 --攻守の課題は

 「攻撃面では、ボールを丁寧につなごうという意識が強すぎた...

ニュースの続きを読む


いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 会議用ディスプレイ切替器【その他切替器】 ELECOM DTS-TS8






2007年12月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形速報-中国残留孤児訴訟:集団訴訟取り下げ 「帰国してよかった」原告が初実感 /埼玉 | 山形県 新聞速報TOP | 山形についてのメモ。 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。