FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形についてのメモ。

いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 ナイロンメッシュUSBケーブル(3m)【ケーブル★USB】 SANWASUPPL...
 岩手県では近年、オリンピック出場選手を輩出していない。子供たちにとって、あこがれの存在が身近にいるかいないかは、スポーツをする気持ちに大きく影響する。事態を深刻にとらえた県は今年度、世界大会のメダリストを育てようと、「スーパーキッズ発掘・育成事業」に乗り出した。(土樋靖人)

 最近の岩手県のスポーツ事情をみると、2000年から2年置きにシドニー(豪州)、ソルトレークシティー(米国)、アテネ(ギリシャ)、トリノ(イタリア)で開かれたオリンピックに、出場した県出身選手が1人もいない。国民体育大会でも30位後半から40位代を推移し、ここ9年間は東北でも最下位となっている。




 このままでは、県内スポーツの地盤沈下は避けられない。危機感を強めていた県教委は、福岡県がタレント発掘事業を始めたと聞きつけ、「本県でもやってみよう」とスーパーキッズ事業を発案した。似たような事業は岡山県、和歌山県、北海道美深町でも始まっており、東北でも宮城、山形、福島各県で動きがあるという。

 岩手県では平成28年に国体が開かれる。これまで、自治体の選手育成は国体をにらんでのものが多く、国体が終わると、競技力が低下するのが常だった。スーパーキッズ事業には、タレント発掘のシステムを確立することで、国体終了後の選手育成も継続できるとの狙いも込められている。

                   ◇

 事業は、県体育協会が県の委託を受け実施...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


いーぐる⇒ ○メ在庫~30台 リモコン付モニタ切替器【その他切替器】 SANWASUPPLY SW-V81RM






2007年12月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 最新山形情報:ザスパ草津・植木繁晴監督に聞く 「15勝はできると思った」 | 山形県 新聞速報TOP | 山形速報-「農家に嫁紹介」 あいさつ代詐取 大田原 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。