FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形速報-海を渡る結婚ビジネス:/4 言葉の壁に募る不満、不信 /山形

いーぐる⇒ メ在庫30台以上 HDビデオカメラ iVIS HG10【HDビデオカメラ iVIS HG10】 CANON 2179...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000074-mailo-l06
 ◇「ひとりぼっち、つらい」
 鶴岡市で昨年3月に起きた放火事件で、傷害と現住建造物等放火の罪に問われた中国籍の渡辺悦蓮被告(39)の初公判が今年8月30日、山形地裁で開かれた。裁判長が起訴事実を読み上げ、「間違いないですか」と尋ねると、被告は黙ったまま、落ち着きのない様子で細い体を揺らし、小さな顔をゆがめた。裁判は被告が一言も発しないまま、現在も進行している。
     ◇
 検察側の冒頭陳述などによると、事件が起きたのは、昨年3月5日の早朝だった。渡辺被告は鶴岡市の自宅で、夫の喜代雄さん(当時53歳)と口論になった。


ベルトで喜代雄さんの頭を何度も殴り、台所の床に灯油をまいて放火した。救急隊が駆け付けた時、喜代雄さんは台所であおむけに倒れており、病院に運ばれたが全身やけどで死亡した。渡辺被告も気道や両足にやけどを負った。
 2人は03年11月に業者の紹介で結婚した。1年が過ぎ、鶴岡市に引っ越したころから2人の関係は狂い始めた。
 検察側は「渡辺被告は、喜代雄さんが休日になると1人でパチンコに行ったり、日本語教室への車の送迎を面倒くさがったりしたことに、不満を募らせていった」と指摘する。「働きに出たい」と言っても「お前には無理だ」と言われ、不満は不信感に変わっていったという。本人の希望で自動車教習所に通い始めたものの、日本語が分からず1日でやめた。直後に別の自動車学校に入学したが、そこも2日で退校した...

ニュースの続きを読む


いーぐる⇒ メ在庫30台以上 プロフェッショナルフォトヘ゜ーハ゜ー ワイド 20枚 PR-101WIDE20【...






2007年12月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形 キノコ:品評会で受賞のキノコずらり 30分で完売--新庄で展示・即売会 /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形山形市:社福事業団施設で問題相次ぎ、市が指導 注射セット取り違えも /山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。