FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 海を渡る結婚ビジネス:/3 「買った花嫁」に暴力 /山形

▼◎機能性の高い、オシャレなオーブントースター♪ビタントニオ オーブントースター VSO-5A
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000076-mailo-l06
 ◇私は所有物じゃない
 「言葉も伝わらず、夫と分かり合えない。何度も韓国に帰ろうと思った」。西村山郡の農家に嫁いだ40歳代の韓国人女性はそう語る。
 韓国にいた24歳の時、知人の紹介で日本人男性と見合いをすることになった。家は母子家庭で経済的に苦しく、日本で結婚した方が幸せになり、家族にも楽をさせられると思った。11歳上の男性が優しく頼もしく見え、知り合って2週間で結婚を決めた。しかし、見合いだと思っていたのは、夫が業者に申し込んだ花嫁探しのツアーだった。夫が業者に仲介料として230万円払っていたのを知ったのは、結婚してから数年がたってからのことだった。



 「嫁探しに大金払ったんだ。ちゃんとした嫁さんを連れて帰らねば、両親や近所の人たちに顔向けできない」。結婚が決まった直後、韓国で夫から言われたことが忘れられない。
 結婚生活が始まると、夫は親の言いなりだった。山形弁も理解できず、慣れない農作業と家事で失敗する度に、義母からは「日本人の嫁ならできるはず」となじられた。長女を出産した後は「何で女の子を生んだんだ。出て行け」と言われた。農作業中に足を骨折した時には「操作を間違えるからだ。その足はいつ治っていつから働けるんだ」という冷たい言葉に泣いた。
 義父には頭を殴られ、妊娠中に腹をけられたこともある。夫からも暴力を振るわれるようになった。背中や左足には、あざが今も残っている。
 韓国に戻りたいと思ったが、子どものことが気になった...

ニュースの続きを読む


ビーズアクセサリー ブレスレット112






2007年12月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

<< 山形最新情報・・・大宮の新監督に樋口氏=Jリーグ | 山形県 新聞速報TOP | 最新山形情報:おせち料理:お正月は「藤沢周平」を食べよう 「海坂のおせち」教室--鶴岡 /山形 >>

211ぷっくり膨れた豆を写メらせてもらったYOwwwなんか最近クリ写メココで流行ってるみたいw詳細きぼんぬww
http://tamotamo.net/mote/

2007年12月07日 195由紀子LOVE URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。