FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最新山形情報:【特報 追う】J2ベガルタ仙台・望月監督辞任 プロの責任…「未熟だった」

【12/16終了】[1円祭] 食器棚!今回イチオシの超目玉商品です!1900
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071205-00000026-san-l04
 プロの指揮官としての決断だった。J2・ベガルタ仙台の望月達也監督(44)が4日、辞任を表明した。監督1年目ながら昨季の5位を上回る4位という結果を残し、クラブ側も続投を求めたが、就任当初から掲げてきたJ1昇格を逃したけじめを付けた。(山口圭介)

 「プロの世界。当然、就任当初からJ1に戻るといってきた。ベガルタはJ2の中では予算も多く、トップクラスの選手を預かって勝負したにもかかわらず、4位…。プロとして自分自身が責任を取るべきだと考えた」。午後3時半から仙台市内で行われた記者会見の席上、望月監督は辞任理由についてこう切り出した。




 望月監督は平成18年にヘッドコーチとしてベガルタに加入、サンタナ前監督の後任として今季からチームを指揮した。「人もボールも動くサッカー」を掲げて攻撃的サッカーを構築、リーグ戦序盤の3月には5年4カ月ぶりに首位に立つなど、好スタートを切ったが、上位陣との直接対決で負け越し、あと一歩のところで昇格を逃した。

                   ◇

 4年連続のJ2残留となったが、クラブ側は若手選手を育成しながら、4位という成績を残した望月監督の手腕を高く評価。会見に同席したベガルタの母体「東北ハンドレッド」の名川良隆社長は「J1復帰はかなわなかったが、今シーズンのベガルタのサッカー『人もボールも動くサッカー』は、多くの人に感動を与えた。J1に上がって、定着するには必要な戦いだった」と話した...

ニュースの続きを読む


山廃仕込の複雑且つ繊細な純米酒【上喜元】特別純米山田錦山廃仕込720ml






2007年12月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形特報-大宮新監督に前山形監督の樋口氏  | 山形県 新聞速報TOP | 山形についてのメモ。 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。