FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形についてのメモ。

【歳末バーゲン】「山形県-白たか帯」紙とぜんまい・すくいと裂織八寸名古屋帯(太鼓柄・正絹...
 JR東日本は12月3日、モバイルSuica会員向けに提供予定の、新幹線にチケットレスで乗れるサービス「モバイルSuica特急券」についての詳細を発表した。2008年3月よりサービスを開始する。

●繁忙期・閑散期も統一料金で、平均9%の割引

 おサイフケータイのモバイルSuicaアプリから、モバイルSuica特急券の利用登録をすることで、携帯から新幹線の指定席・自由席を購入できるようになる。購入したチケットデータを携帯にダウンロードするため、紙の磁気乗車券が不要。決済は登録したクレジットカードから引き落とされる。

 もう1つの大きな特徴が、通年で同一の料金であり、なおかつ通常の特急乗車券を購入するよりも安くなること。


新幹線の料金は、運賃と特急料金を合計して算出する上、それぞれ乗客が多い/少ないシーズンは繁忙期/閑散期として料金を増減するため、分かりにくいという問題があった。モバイルSuica特急券では、指定席でも自由席でも料金が変わらず、1年中同じ料金で新幹線を利用できる。

 例えば、上野から仙台まで東北新幹線に乗った場合の普通車料金(運賃+特急料金)は、指定席が1万390円、自由席が9880円。モバイルSuica特急券では9500円で購入でき、自由席より安くなる。「東北新幹線の駅相互間の料金を通常期で比較した場合、平均9%の割引率」(JR東日本広報部)

 モバイルSuica特急券のその他の特徴は以下の通りだ。


1. 新幹線のチケットデータをおサイフケータイにダウンロードして乗車するので、紙(磁気)の乗車券が不要
2. 指定席も自由席も同一料金(ユーザーが席を指定すれば指定席...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


リモコンで操作できる無段階リクライニング!【■】電動式リクライニングベッド






2007年12月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 最新山形情報:【特報 追う】J2ベガルタ仙台・望月監督辞任 プロの責任…「未熟だった」 | 山形県 新聞速報TOP | 山形関係ネタ発見! 【スピード速報】光の56%は関東7都県に集中、地方の偏りが激しい >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。