FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 福岡九州ダービー3連敗/J2

肉の味ってこんなんだったんだ!やわらかさ、旨味、甘味すべてそろえた肉すき焼・しゃぶしゃぶ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071202-00000116-nks-spo
<J2:鳥栖3-1福岡>◇1日・第52節◇博多球
 福岡が2人の退場者を出して九州ダービーに敗れ、苦難のシーズンを終えた。16人の大量放出から一夜明け、メンバーを一部入れ替えて臨んだが、心身両面で鳥栖に圧倒されたまま自滅。リトバルスキー監督(47)は「泣いている暇はない。より良いチームをつくるため、現実的にならなければ」と、非情な姿勢でJ1復帰への覚悟を示した。鳥栖は対福岡戦初の勝ち越しで、天皇杯5回戦(8日、対東京)に臨む。
 天国から地獄。同カードで5-0と快勝した開幕戦から9カ月、第1クール首位だった福岡の勢いは消え去っていた。


「もっと上位で終わりたかったが、1点差で負けた試合が多く、上位チームと競えなかった」。リトバルスキー監督は、7位に終わった1年目を総括した。
 キックオフ前から、苦戦は始まっていた。チームの半数を超える16人の放出が前日に決定し、ベンチ入り予定の2選手が戦力外通告を受けて出場を回避した。監督は「サッカー選手として理解できない」と非難したが、退団する選手も開幕戦のリベンジに燃える鳥栖のように、チームの士気を保てなかった。DF山形辰徳(24)を中盤に回した今季初の布陣で、序盤から防戦一方になり、前半12分にPKで失点。14分にMFアレックス(24)が一発退場、35分にはMF久永辰徳(29)も2度目の警告を受けて退場した。「退場が一番痛かった。このメンバーでは最後だから、しっかりやろうと言っていたのに残念です」...

ニュースの続きを読む


いーぐる⇒ ポーチライト(センサ付) 【松下電工 照明】 NATIONAL HH7270






2007年12月03日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形 サッカー:J2 モンテディオ山形、林選手の引退と5選手退団を発表 /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新ニュース:【特報 追う】ベガルタよ、来季こそ… >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。