FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形最新ニュース:【特報 追う】ベガルタよ、来季こそ…

旬彩フルーツ詰合せ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071202-00000018-san-l04
 またしてもあと一歩のところでJ1昇格を逃したベガルタ仙台。「人もボールも動くサッカー」を掲げた望月達也監督のスタイルは一定の結果を残し、1日の最終戦も見事勝利で締めくくった。では悲願達成には何が足りなかったのか、全48試合を取材したサンケイスポーツのベガルタ番、有吉広紀記者に4位に終わった今季を振り返ってもらった。(山口圭介)

-J1昇格できなかった最大の要因は

 「京都サンガ、東京ヴェルディといった上位ライバル陣との直接対決で勝ち越せなかった。京都戦が1勝3敗、東京戦が2分け2敗。ライバルとの直接対決は勝ち点3以上の価値があるのに…。


決定的に勝負弱かった。というのも、ベガルタにはシーズンを通して主力として活躍した選手がいない。経験不足が大一番で出てしまったのかもしれない」

-開幕から11戦負けなしで、3月には首位に立つなど序盤は好調だったが

 「痛かったのは8月、下位チームとの4連戦で1勝2分け1敗と貯金ができなかった。連勝が少なかったことも大きい。上位陣は連勝で勢いに乗ったが、ベガルタは一気に突き抜けられなかった印象がある」

-評価できる点は

 「攻撃重視という戦術にブレがなかった。4失点以上の試合が結構あった。普通、大量失点すると守備的になりがちだが、攻撃重視の基本スタイルが徹底していた」

-今季を象徴する試合は

「3月の愛媛戦。自陣で萬代選手が相手ボールをカットすると、その後すべてワンタッチかツータッチでボールを回してゴールを決めた...

ニュースの続きを読む


山形産サンふじ40玉約10キロです。密入りで甘い果汁たっぷりあります。送料は全国均一700円にな...






2007年12月03日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形 福岡九州ダービー3連敗/J2 | 山形県 新聞速報TOP | 山形 銀幕90年、夢ありがとう 山形・シネマ旭が閉館 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。