FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形って知ってます?

厳選された品質の胡蝶蘭をご用意致しました。大切な贈り物にご利用ください。胡蝶蘭5本立(55輪...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071201-00000123-mailo-l06
 来年4月から始まる75歳以上の高齢者を対象にした新医療保険制度で、運営主体の県後期高齢者医療広域連合は30日、1人当たりの平均保険料を年額5万9565円と決めた。軽減措置を加味すると、実際には約4万9000円となる。全国平均(7万2000円)を下回り、青森、秋田、岩手に次ぎ4番目に低い。
 保険料は一律負担の均等割と所得に応じた所得割を合わせた額。


県連合は均等割を3万7300円、所得割率を6・85%に設定した。均等割は所得水準に合わせ7、5、2割の軽減措置がとられる。
 65歳以上で一定の障害を持つと認められる高齢者も制度対象となり、9月末現在の試算では、県内の被保険者数は約18万人。うち約43%が所得割を軽減される。
 県連合事務局は「もともと老人医療費が低いため保険料を低く設定した。所得が少なく、軽減対象者が多いことも原因」と説明している。
 同制度は財源の約5割を国、都道府県、市町村が負担し、約4割を現役世代の保険料、約1割を高齢者自身の保険料で賄う。窓口での医療費負担は原則1割で、これまでと変わらない。【大久保渉】

12月1日朝刊

ポイント2倍!山形県奨励品種米「山形庄内はえぬき」11年連続食味ランキング特Aの実績!遺伝子...






2007年12月03日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形ピックアップ! | 山形県 新聞速報TOP | 山形 ◎琵琶湖疎水など450カ所認定=近代化産業遺産、活性化に一役-経産省 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。