FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 本年産「しらさわワイン」6000本を出荷へ 本宮

でんすけ⇒ メ在庫30台以上 ソフトレザーケース【ソフトレザーケース】 ELECOM AVD-LCRA5G8WH
 地域の遊休桑畑を活用してブドウを栽培し、2005年から地ワインを生産販売している福島県本宮市白沢地区(旧白沢村)で29日、本年産「しらさわワイン」の発表会が行われた。赤白合わせて6000本を出荷する予定。生産者らは「3年目の今年は猛暑の影響でブドウの育ちも良く、さらにフルーティーな味わい」とワインでの地域活性化に期待を寄せている。

 2000本を出荷する赤はマスカットベリーA、4000本の白はナイアガラが主原料。山形県高畠町の高畠ワインが醸造を担当し、同県産ワインをブレンドした。赤白ともに軽やかな食味が特徴で、720ミリリットル入りで1280円。




 4月に本宮市と合併した白沢地区は養蚕業の衰退による桑畑の荒廃が課題となっていた。地元農家らが02年に生産組合を設立。翌年から桑畑2.1ヘクタールでブドウの栽培を始め、05年からワインの生産販売に着手した。今年から地元の農家や自営業者らがつくる民間会社「福舞里(ふぶり)」が運営を引き継いだ。

 同社の渡辺武一社長は「出荷量を増やすためにも来年は農園を拡大する。将来は醸造所も建設し、高級品にも幅を広げたい」と見通しを話す。

 地ワイン生産は全国的に盛んで、ライバルも多い。高畠ワインの村上健営業部長は「独自性を出すには、珍しい品種のブドウを栽培するなど工夫が必要」とアドバイスする。

 白沢地区の酒販店で販売している。遠方からの注文も受け付ける...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


でんすけ⇒ メ在庫30台以上 DVI対応ディスプレイ分配器【DVI対応ディスプレイ分配器】 ELECOM V...






2007年12月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形速報-やまがた夢未来債:県公募債、初の売れ残り 斎藤知事「金融情勢悪かった」 /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形関係ネタ発見! イー・モバイルのエリアは43都道府県へ拡大――12月に20県で開業 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。