FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最新山形県情報:【特報 追う】杜の都のマンション事情 分譲は好調、賃貸は苦戦

通常価格 62,790円単衣にも!≪無地感覚…≫本場米沢織紬八寸帯全通・宝来織「流星・黒色」
 19日、東北6県で平成19年度の基準地価(7月1日)が公表された。各地で住宅地価格が下落する中、仙台市では116地点中48地点で上昇し、平均変動率もプラス0.5%と上昇に転じた。街を見渡せば分譲マンションの新築が相次ぎ、販売実績も好調という。逆に新築の賃貸マンションは空室が目立つ。一体何が起きているのか-。「杜の都」のマンション事情を探った。(渡部一実)

 ≪勝てる土俵≫

 国土交通省によると、仙台市内の分譲マンションの着工戸数は、15年度1861戸▽16年度1963戸▽17年度2190戸▽18年度2725戸-と増加傾向にある。

 新築が増えるのは、販売が好調だから。


大手の野村不動産(東京都)は昨年、仙台市で約200戸を完売。ここ数年、200戸前後の「良いペース」(同社広報部)が続いているという。

 なぜ売れるのか。不動産情報会社「東京カンテイ」市場調査室の井出武主任研究員によると「戸建て志向が弱まり、耐火、耐震性に優れる新しいマンションへと居住スタイルが変化し、実需が増加した」。

 業者側の販売戦略も大きい。野村不動産広報部は「仙台は地下鉄や商店街などの生活機能が中心部に集中する都市構造。各社はその中心部に的を絞って(物件の)取得、販売を繰り返しており、おのずと結果はでる」と話す。つまり「勝てる土俵」で勝負し、好調を維持しているわけだ。

 ≪賃貸は撤退も?≫

 一方、不動産投資ファンドの流入で建築ブームに沸いた賃貸マンションは今、苦戦を強いられている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


バラの花束20本






2007年09月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形県の話題なら・・・巨人イースタンで7年ぶり優勝!新人の活躍に吉村監督は笑顔 | 山形県 新聞速報TOP | 山形県ならこれ! 戦艦「大和」「武蔵」で使われたドアマット復刻 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。