FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最新山形情報:吉祥寺で「土門拳写真展」-記念館所蔵7万点から120点を展示

すーっとしみこみ潤いとまらない!お肌が喜ぶ化粧水♪◆炎の1円オークション送料無料◆山澤清の...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000000-hsk_kj-l13
 武蔵野市立吉祥寺美術館(武蔵野市吉祥寺本町1、TEL 0422-22-0385)で12月16日より、「土門拳写真展 日本のこころ」が開催される。

 同展は、武蔵野市の友好都市・山形県酒田市にある「土門拳記念館」の協力を得て開催されるもので、同館が所蔵する約7万点の作品のなかから約120点を選び展示するもの。

 故・土門拳(1909?1990)は1930年代より報道写真家として活躍、「風貌」シリーズや「古寺巡礼」シリーズなどで広く知られている。風貌シリーズは著名人の肖像写真郡で、小説家や芸術家が仕事場で見せる一瞬一瞬を写し出したもの。


写真集としてまとめられた後も雑誌「太陽」で連載を続け、被写体は川端泰成や棟方志功など100人以上に上った。

 古寺巡礼シリーズは、美術史家・水澤澄夫の案内で訪れた奈良県室生寺をきっかけに、約40年間にわたって日本各地の仏像や寺院を撮り続けたもの。古典の中から日本民族のバイタリティーを探り出そうと、脳いっ血で倒れた後も自由の効かない手でシャッターを押し続けたという。1960年には、筑豊の炭鉱に生きる人々の貧窮を伝えるため、誰でも買えるようにとザラ紙に印刷した写真集「筑豊のこどもたち」を100円で販売、10万部を売り上げた。

 同展は、テーマ別に前期・後期に分けて開催、「女優と文化財」をテーマに斬新な写真を発表し続けた「婦人公論」誌も展示する。来年1月には講演会も予定。入場無料。2月11日まで。

吉祥寺美術館

しっとり潤う♪コラーゲン配合のぷるうる美容液◆炎の1円オークション送料無料◆山澤清のローズ...






2007年11月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

<< 山形についてのメモ。 | 山形県 新聞速報TOP | 山形の話題なら・・・NECエレ、半導体6子会社を3社に統合=相模原の設備、山形に移管 >>

73舞妓さんに遊ばれてしまっちゃったおwwww近頃はここはクリスマスバージョンになって女性の勢いすごすぎだおwwww舞妓さんも発情期ってな訳だおwww
http://g-blend.net/qr/35

2007年11月30日 18三田53 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。