FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 イジメ:高校生の生の声を聴いて

でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 【ダウンライト★】 DAIKO DDL-2294XB
一人の男子高校生に自分の周囲で行われているイジメについてホンネを語って貰いました。その結果、彼がイジメについて口をつぐむ理由が納得できました。それは一言で言えば無力感だと思います。

彼は某私立高校の2年生。制服の着方も特に崩れた感じではなく、ぺったんこの鞄にあまり磨かれていない靴。倶楽部名の入ったスポーツブランドのサブバッグ。一見どこにでもいるような、特に目立った印象を与えない、ごくフツーの男子高校生です。もちろん高校生の代表ではありませんし、全ての高校生の意見だとは申せません。

この年代の子供たちは、親や教師との会話を避けたがる傾向があります。また、真面目な話をするのは「きまりが悪い」と感じる生徒も少なくありません。


たとえば、ある中学三年男子のブログを読みますと日記の途中で「・・え?なんか俺、超マジメな事書いてた!文章読み直したら超マジメじゃん!ヤベェよ、マジヤベェよ!」と照れています。
ですから大人が真剣な話題で真面目な顔をして問えば、それに対して彼らは「問い詰められた」と感じるようです。以下の一問一答からもそれは感じ取っていただけるのではないでしょうか。


1:身近で起きているイジメの例は?

高校生:死ね死ね死ねと書いたメールを送る。一人では迫力がないので友達に呼びかけてみんなで送る。学校のプールに無理矢理沈める。死なない程度に加減してるからまだ死んでない。

2:それは 君が見たの?

高校生:友達の話で聞いている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 白熱灯ダウンライト【ダウンライト★】 DAIKO DDL-14994






2007年11月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形についてのメモ。 | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新情報・・・スポーツダンス:県立谷地高、授業にワルツやジルバ 礼儀やマナー身に着ける /山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。