FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形関係ネタ発見! プロ野球 広島・栗原に主砲の自覚 来季へ向け準備着々

■山形県産・最高級・丸大豆■品種名【タチユタカ】100%使用■命名【利宗】味噌・待望の蔵出し...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000021-khk-l06
 広島の栗原健太内野手(山形・日大山形高出)が、4番の穴を埋める覚悟を決めた。ともに中軸を担った新井貴浩内野手の阪神移籍が決定。「新井さんの存在感は大きかった。僕は数字(打撃成績)を残し、周りを引っ張るしかない」。言葉の端々に責任感がにじんでいる。

 22日は廿日市市の大野屋内総合練習場で筋力トレーニングや坂道ダッシュに取り組んだ。今季は全試合に出場したが、シーズン終了直後に右ひじ痛を訴え、米国で精密検査を受けた。


かなりの疲労がたまっているだけに、キャッチボールや打撃練習は自重。21日には知人に紹介された埼玉県の整体院に出向き、体をチェックした。「体はガタガタと言われた。1年のうちでも体づくりの今の時期が一番つらい」と漏らす。

 入念にケアするのは、自覚が高まっている証拠だろう。新井不在の来季、これまで以上に休むわけにはいかなくなった。「選手は自分のことだけを考えるのが楽。でも、新井さんはピンチで内野に指示を出したり、投手に助言をしたりして引っ張ってくれた」。新井が残したリーダー像を参考に、自分ができることをしようと思う。

 「打てる時と打てない時の波が大きい。今年は素直にまだ力が足りなかった」。来季の最低ラインは打率3割、30本塁打。「広島の顔」となるために、着々と準備を進める。


【イタリー製】★ボタンダウン★茶ストライプ・★9サイズ★






2007年11月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形関係ネタ発見! ○福島で震度4 | 山形県 新聞速報TOP | 山形 [高2自殺]県教委が遺書の分析を心理学者に依頼 山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。