FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 情報共有の場に 心臓ペースメーカー装着者が「友の会」

100%国内メモリテスト済み!!JEDEC規格準拠メモリ【オープン限定特価】DDR2-800(PC2-6400)2GBセ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000005-khk-l04
 心臓ペースメーカー装着者でつくる交流団体「日本心臓ペースメーカー友の会」(東京)の宮城県支部設立総会が25日、仙台市青葉区の市シルバーセンターで開かれた。今後、装着者が抱える生活上の不安や疑問の解消を目指し、情報交換のための親睦(しんぼく)会や医師らを迎えての勉強会などを開く予定。

 県内在住の会員、医師、医療機器販売会社の関係者ら約75人が出席し、規約や事業計画、役員を決めた。ペースメーカー装着者の1人で、支部長に就いた仙台市太白区の主婦成田涼子さん(62)は、「入会した人に『入って良かった』と思ってもらえるような楽しい支部にしたい」と抱負を述べた。




 友の会の全国組織はペースメーカー装着者の健康管理、快適な生活の確保などを目的に、1970年に設立され、県ごとの各支部で会員間の情報交換、交流事業などを実施している。全国24の支部に約4000人の会員がいるが、東北ではこれまで青森、山形両県にしか支部がなかった。

 装着者は、外出中に起きた不具合にどう対応すればよいか、女性の場合、下着はどのようなものを身に着ければよいか、などさまざまな不安や疑問を抱えている。そのため成田さんら有志が、県内の装着者が地元で気軽に情報交換できる場をつくろうと、県支部設立の準備を進めてきた。

 県内のペースメーカー装着者は推計で約5000人。高齢化に伴い年々増えているとされる。成田さんは「活動が軌道に乗れば、ペースメーカー装着者同士で趣味の会をつくったり、旅行したりできると思う」と話し、入会を呼び掛けている...

ニュースの続きを読む


★送料無料★お歳暮好適品紅白2本立ち黒鉢入り






2007年11月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形って知ってます? | 山形県 新聞速報TOP | 山形ピックアップ! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。