FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形についてのメモ。

でんすけ⇒ ツインPaシーリング 【洋風シーリング(クリア枠)】 NATIONAL HHFZ5344
 ◇野生動物との共存へ
 県内のツキノワグマは昨年度、史上最多の688頭がわなで捕獲されて処分(捕殺)された。今年度の捕殺は10月末時点で83頭と「例年より少ない」(県みどり自然課)という状態になっている。県はクマの生態について調査するとともに保護管理計画の策定を決めている。クマの生態の現状と研究の現状を探った。【佐藤薫】
 農産物や人への被害が予想されるときに、行政の許可を得て、わなを仕掛けて捕まえるのが「有害捕獲」。捕殺はそのクマを処分するものだ。長野県などでは、捕まえたクマを深い山に連れて行って放す「奥山放獣」を実施している例もある。だが、実際の効果や費用、放す作業の危険性など課題も少なくない。


このため県内では、有害捕獲したクマを原則として処分してきた。
 環境省のまとめでは、今年4~9月の全国でのクマの捕獲頭数(捕殺を含む)は1078頭。史上最多だった前年同期の2978頭の3分の1で、大きく落ち込んでいる。県内では今年度、10月末時点で83頭で、同比563頭減の8分の1だ。
 狩猟シーズン前の10月、県みどり自然課は県内の研究者らに意見を聞いた上で、県猟友会に対して「クマ猟自粛」の要請をしなかった。「クマ猟をするには人数が必要で大がかりになるが、ハンターの高齢化で狩猟人口が少なくなっている」というのも理由の一つだったという。
  ◇   ◇
 10月20日に山形市の山形大小白川キャンパスで、「第14回クマを語る集いIN山形」が開かれた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


でんすけ⇒ スタンド 【松下電工 照明】 NATIONAL SB721D






2007年11月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形 <米沢市長選>安部三十郎氏が再選 山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新情報・・・振り込め詐欺:山形の女性、591万円被害 /山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。