FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形特報-「大空にかけた青春-予科練の群像」(12)修身教育

いーぐる⇒ LOGITEC LSP-PBA_03
 ■「いかなる任務も遂行」

 「予科練で教育を受けた者は自分の命だけを大切にし、任務を避けるような人はいなかった。それが終戦間際の特別攻撃隊の行動に現れたものと思う」

 土浦海軍航空隊の乙種15期、飛行予科練習生だった吉田重次(82)=阿見町岡崎在住=はこう回顧した。予科練出身者は自ら進んで特攻隊に志願し、祖国の平和と家族の安泰を願い、死を恐れず片道燃料の飛行機で出撃した。

 吉田は「命を大切にといわれる今の時代では、とても考えられないことだと思うが。どんな過酷な任務でも、それを避けるような卑怯(ひきょう)な者はいなかった」と自分に言い聞かせるように呟(つぶや)いた。




                   ◇

 予科練の精神徳目は「熱烈炎の如(ごと)く燃える攻撃精神と、崇高神の如き犠牲的精神」といわれている。これらは機会あるごとに教官から訓示され、予科練の教育で最重要視された。修身教育の究極の目的は忠実に命令に従い、いかなる任務も遂行するという精神教育といえた。

 吉田ら乙種予科練習生が土浦空に在隊した当時、週に1回、特に行事のない限り、必ず月曜の朝から2時間ほど修身教育が実施された。内容は歴史上の忠義を尽くした人物紹介や尊皇教育、戦訓などが毎回、繰り返された。

 吉田は今も忘れられない分隊長の訓示があるという。「武士道とは死場所を見つけたり。死をもって皇恩に報い奉るは男子としてこの限りなし...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


モンテディオ山形 クリアストラップ ユニフォーム






2007年11月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形:いじめ確認されず 生徒遺書公開で高畠高 | 山形県 新聞速報TOP | 山形関係ネタ発見! サッカー:J2 サガン鳥栖を応援しよう あす、今季最後のホームゲーム /佐賀 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。