FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形についてのメモ。

激安オークション!送料無料!【2本セット】RV車、4X4車にお乗りの方 必見!!高性能RV用ラジ...
2005/07/08 00:00:00
家庭における本の「読み聞かせ」や「お話」などは、子どもの言葉を育てることに結び付く極めて大事なこと。前回は、家庭の国語力は、乳幼児期からはじまる親の言葉掛けと、家庭内のコミュニケーションに影響され、子どもにとって読書が可能になれば、読書により言葉の数をどんどん増やすことができることをお伝えしました。今回は、いま家庭でどのような本を読ませたいか、どのような本への接し方、読み方が必要なのか、を考えてみたいと思います。

子どもたちの心を動かす本に出会うこと全国SLA(全国学校図書館協議会)は、夏休みに読書に親しみ、多くの読書をすすめるために2005年度の「第38回夏休みの本(緑陰図書)」を選んでいます。


SLAでは、小学生に夏休みに是非読ませたい長編、気軽に楽しく読める短編、夏の季節感が味わえる本などを小学校低学年、中学年、高学年の各グレード8冊ずつ選んでいます。実際にこのリストは、学校ばかりではなく公共図書館、家庭読書などにも広く利用されているようです。
こうした推薦図書は、子どもたちひとりひとりに、読書のたのしみを知る大人が、本を手渡しその中にある世界を指し示すことを願いながら推薦しています。
夏休みを利用して読み聞かせをご家庭で取り組むのも手ですし、書店や図書館でこの推薦図書を手にとって子どもの興味を引き付けてはどうでしょう。

【小学校低学年】

※はノンフィクションジャンル
【小学校中学年】

※はノンフィクションジャンル
【小学校高学年】

※はノンフィクションジャンル
学校での自由読書を考えるさて、夏休み直前です...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


激安オークション!送料無料!【2本セット】ハンコック VENTUS STはその要求性能を高次元にて...






2007年11月23日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 最新山形情報:[新医療制度]保険料は平均年7万8931円 東京が最高 | 山形県 新聞速報TOP | 山形特報-防衛施設入札で「口利き」疑惑 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。