FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ピックアップ!

でんすけ⇒ 【空気清浄機】 MITSUBISHI MA-267SV
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000062-mai-soci
 来年4月にスタートする75歳以上の後期高齢者を対象にした新たな医療保険制度で、1人当たりの保険料が40都道府県(試算を含む)の中間集計で平均年7万8931円となることが毎日新聞の調べで分かった。東京都が最も高く10万2900円で、最も低い岩手県(5万8433円)の1.76倍。所得水準の高い大都市圏や老人医療費が高いところほど保険料が高くなる傾向がみられる。

 新制度は都道府県ごとの広域連合が運営主体となり、全市区町村が加入する。保険料は12月初めまでにすべて決まるが、21日までに17都県が保険料を正式に決定し23道府県が試算を公表した。




 それによると、東京都に次いで、神奈川県10万2236円▽大阪府10万1449円▽福岡県9万8210円--の順に高かった。これに対し、山形県5万9565円▽秋田県6万41円が岩手県に次いで低かった。

 東京都は1人当たりの老人医療費(05年度)が都道府県別で18位と高くはないが、「一部の高額所得者に引っ張られた。平均的な年金受給者の保険料は決して高くない」と説明している。神奈川県も同様。大阪府や福岡県は老人医療費が4位と1位で、これが反映したとみられる。一方、保険料が低い県は老人医療費が低いところが並び、東北地方に集中した。

 新制度は国民健康保険などに加入している約1100万人の後期高齢者に加え、これまでサラリーマンの子供などの扶養家族で保険料負担がなかった約200万人も加入し負担を求められる...

ニュースの続きを読む


でんすけ⇒ SDHCメモリカード16GB【SDメモリーカード・MMC】 TOSHIBA SD-HC016GT4 (16GB)






2007年11月23日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形って知ってます? | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新[新製品]ソニー新型ナブ・ユー:特殊吸盤もジャイロセンサーもパワーアップ(その2) >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。