FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形最新聖夜に響くゴスペル 山形で来月、初のフェスティバル

DOG CLUB IST Kitchen Dog! クリスマス・シフォン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071117-00000018-khk-l06
 山形県内のゴスペル愛好家らが12月24日、山形市で「山形ゴスペルフェスティバル」(実行委員会主催)を開催する。山形県内では初のアマチュアによる本格的なゴスペルコンサートで、メンバーは「多くの人とクリスマスイブを楽しみたい」と張り切っている。

 山形県内には現在、20ほどのゴスペルグループがあるとされるが、メンバーや練習場所の確保の難しさなどから、活動は停滞気味。発表の場を求め、仙台のフェスティバルに出演するグループもあるという。
 山形県内でも演奏の機会をつくり愛好者を増やしていこうと、県内各地のグループの代表らが集まり、5月に実行委員会を設立。


メンバーの多くは主婦や学生、会社員らで、それぞれ時間を見つけては開催準備やPR活動を進めている。

 実行委のメンバーで新たなゴスペルグループも結成、山形市や天童市に集まって練習を重ねている。
 フェスティバルには、仙台市からの一団体を含む13団体が出演。クリスマスソングやおなじみの「アメイジング・グレイス」など、ゴスペルの名曲を披露する。

 実行委事務局長を務める山形市の酒店経営渡辺高志さん(52)は「ゴスペルは大勢で歌った方が面白い。当日は多くの人と一緒に楽しみたい」と話している。
 会場は山形市の山形テルサ、午後一時開演。チケットは中高生以上1000円、小学生以下は無料。山形市内のプレイガイドで発売している。連絡先は渡辺さん023(622)3964...

ニュースの続きを読む


全国送料無料グルメ山形・東根果樹研究会生産者限定こだわりの「遅もぎ」ラ・フランス






2007年11月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形についてのメモ。 | 山形県 新聞速報TOP | 山形ピックアップ! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。