FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形最新県産品メニューでPR まるかじり和歌山フェア(和歌山)

【ラフランス激安市】第2弾・送料無料!ラ・フランス約2kgMサイズ7~9玉入り
 JR東京駅八重洲側の食堂街で15日から2週間にわたり、各店舗が和歌山産の食材を使った料理を出す「まるかじり和歌山フェア」が行われる。生マグロやトビウオ、紀州うすい、有田ミカンなどを使ったオリジナルメニューで、県産品のPR効果を期待する仁坂吉伸知事は「東京駅を舞台に和歌山の食材を売り込んでいきたい」と話している。
 JR東日本グループの鉄道会館が10月末から「東京駅美味しい6週間」と銘打ち、埼玉、福井、和歌山、山形の順でそれぞれの「まるかじりフェア」を開催している。
 まるかじり和歌山フェアは15~28日の2週間、JR東京駅八重洲口にある4カ所の食堂街(キラピカ通り、黒塀横町、キッチンストリート、ほろよい通り)の計41店舗のうち、33店舗がそれぞれ考案したオリジナルメニューを出す。



 料理に使われる県産食材は、紀州うすい、ミニトマト、きぬさや、ブロッコリー、有田ミカン、富有柿(以上は県農協連合会提供)、トビウオ(串本漁協提供)、紀州勝浦産生マグロ(勝浦漁協提供)の8種類で、無償提供するという。
 オリジナルメニューは「和歌山県産まぐろ竜田揚げ」「飛び魚の甘酢あんかけ」「紀州うすいと秋鮭と高菜の炒飯」「きぬさやのお味噌汁」「早生みかんサワー」などがあり、特にマグロやトビウオの料理が多い。
 各店舗はこの期間中、店頭に、オリジナルメニューの写真を飾り、紹介することになっている。
 県食品流通課によると、1日200万人を超える利用者がある東京駅で、県食材の料理を紹介したポスターが駅周辺に張られたり、料理を紹介するクーポン紙が発行されたりするという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


山形名物 玉こんにゃく 30日分(30袋)






2007年11月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 最新山形情報:大一番へ 体力強化 サンガ、J1昇格正念場 | 山形県 新聞速報TOP | 山形:◎交付税の「復元」要望相次ぐ=額賀財務相は否定的見解-知事会議 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。