FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ならこれ! 【門倉貴史の眼光紙背】第7回:「黄金の三角地帯」でつくられた覚せい剤が日本にも流入す

アール・オー大光食品(株) エコアクア5年保存水1.5LPET×12本入
 2007年9月17日、米国のブッシュ大統領は、世界各国の麻薬取引に関する年次報告書を議会に提出した。報告書は、ミャンマー政府とベネズエラ政府を「麻薬の取り締まりに取り組んでいない」として名指しで批判している。とくに、ミャンマーについては、アジアで最大の覚せい剤供給基地となっていると指摘した。

 タイ北部、ミャンマー、およびラオスの国境が接する地域は昔から「黄金の三角地帯」といわれてきた。
かつて、この地域はアフガニスタンと並ぶケシの生産拠点・ヘロインの密造基地となっていた。第2次世界大戦後、ビルマ(現ミャンマー)からの分離独立運動を目指す山岳少数民族、シャン族が資金調達のためアヘンの原料となるケシの栽培をはじめたことが、この地域でケシ栽培が広がったきっかけといわれる。


貧困にあえぐ少数民族にとって、高収益が上げられるケシの栽培は重要な資金源であった。1980年代以降は、国境地帯の治安が強化されたことや国際的に麻薬撲滅運動が高まったことから、「黄金の三角地帯」でのケシの不正栽培、ケシを原料とするヘロインの密造は激減した。

 しかし、90年代後半以降、「黄金の三角地帯」は覚せい剤の密造基地として再び急成長するようになった。現在、タイとミャンマーの国境付近で取引されている違法薬物の中心は、錠剤タイプの覚せい剤だ。この錠剤タイプの覚せい剤は「ヤーバー」と呼ばれ、中国やインドなどから入ってくる麻黄から抽出した「エフェドリン」を精製するだけで簡単に作り出すことができる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【送料無料】シクラメン■ウィンターギフト■《送料無料》山形さんのシクラメンピンクウェーブ...






2007年11月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形:◎交付税の「復元」要望相次ぐ=額賀財務相は否定的見解-知事会議 | 山形県 新聞速報TOP | 山形ならこれ! ウィルコム、中国の通信大手とPHS事業提携 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。