FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形って知ってます?

H11・セドリック 250LV 67,000km【全車修復歴なし 保証&AIS品質表示付】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071113-00000014-khk-l04
 原野商法の被害者が繰り返し狙われるケースが後を絶たない。7月までに詐欺容疑で宮城県警遠田署に6度逮捕、起訴された韓国人の李敏晃被告(60)=埼玉県熊谷市=は、宮城、山形、福島の東北3県と新潟県の8人から計約6400万円をだまし取ったとされる。1980年代後半からのバブル経済に便乗し、類似犯行が横行した原野商法。当時の購入者は買い手の付かない原野を抱えたまま高齢となって再び、バブルの悪夢にさいなまれている。(小牛田支局・千葉淳一)

<高齢者をだます>
 李被告は東北、関東地方を転々とし、原野を販売する会社に勤めたこともあった。



 そこで作った顧客リストに基づいて営業展開。2001年6月から05年10月にかけ、宮城県涌谷町などの4人に所有地の売却を持ち掛け、土地整備費用などの名目で、計約4100万円をだまし取った詐欺罪に問われている。遠田署は、同様の手口でほかの4人からも約2300万円を詐取したとみている。リストから狙われた人たちだ。

 原野商法は、仲介業者が北海道などの価値の低い原野を「リゾート開発計画が持ち上がり、地価が高騰する」などの触れ込みで売りさばく手口。バブル期の不動産ブームに乗って土地を買った人は高齢になり、李被告にだまされた人はいずれも70歳を超え、一人暮らしをしている人も多い。

 李被告は手みやげ持参で自宅を訪れて身の上話を聞いてあげたり、事業に対する夢を語ったりして親近感を抱かせては土地売却話を持ち掛けた...

ニュースの続きを読む


H15・BMW ミニクーパーS ベースグレード 12,000km【全車修復歴なし 保証&AIS品質表示付】






2007年11月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形ならこれ! ウィルコム、中国の通信大手とPHS事業提携 | 山形県 新聞速報TOP | 山形関係ネタ発見! 日本を救う! 35歳大ベテラン多治見の復活 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。