FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形追跡やまがた:最上地域から消えた映画館 ビデオシアター時代終わる /山形

ボディはブルーベリー入り豆乳ローションでフェイスは天然ローズヒップ化粧水でぷるうるん♪【...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071111-00000083-mailo-l06
 ◇自主上映を市民が期待
 ピーク時には年間約2万5000人が訪れてにぎわった新庄市の映画館が昨年春閉館した。JR新庄駅に隣接する最上広域交流センターゆめりあ内にあった常設映画館「シネマ・アベージュ」。住民に手軽に映画を見てほしいと、7年前に開設された最上地域唯一の映画館だった。しかし、全国的に広がるシネマコンプレックス(複合型映画館)に押されたことや、作品を供給していた東京の制作会社がビデオシアター事業から撤退したことに加え、入場者の減少などもあり、閉館となった。【米川康】
 シネマ・アベージュは山形新幹線の新庄延伸に合わせ、最上広域市町村圏事務組合によって99年12月、103席のビデオシアターとして開設された。


「新駅建設に伴い、市民らにどんな施設を望むかアンケートをした。その中で『小さくてもいいので映画館がほしい』という要望があり、それに応えての開設だったが、やむなく閉館となってしまった」と、最上広域交流センターの東谷重友館長は話す。
 新庄市では、以前は映画館が4館あったが次々と閉館し、シネマ・アベージュが開館するまで約10年間、映画館がなかった。シネマ・アベージュは開館から約7年半で約11万5000人が映画を楽しんだ。入館者数は01年度の2万4868人をピークに下がり続け、05年度は1万5846人だった。
 「今は映画を見るには山形市や三川町までいくしかなくなった。映画料金に加え交通費もかかり大変ですよね...

ニュースの続きを読む


お顔がキュート♪プーさんかおデカ50cmぬいぐるみ【SALON De KOBE】◆ディズニー☆50cmのくまの...






2007年11月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形 けん玉:全日本けん玉道もしかめ選手権 小学生の部、林さんが初優勝--山形 /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新講演:山形国際映画祭・事務局長の高橋氏、子供へのメディア教育に意欲示す /山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。