FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ならこれ! G大阪遠藤が11日の浦和Vに待った/J1

でんすけ⇒ ソフトキャリングケース【カメラオプション★】 SONY LCS-VA30
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071111-00000039-nks-socc
<J1:G大阪2-0千葉>◇第31節◇10日◇万博
 G大阪MF遠藤保仁(27)が執念の2アシストで浦和の今日11日のV決定に待ったをかけた。千葉戦の後半13、16分に技ありのパスでFWバレーのゴールを演出し、2-0の勝利に貢献した。昨年10~11月はウイルス性肝炎で長期離脱したが、今季はリーグ全試合フル出場中。7日の天皇杯山形戦で120分間出場した極度の疲労も乗り越えた。
 可能性がなくなるまで、あきらめない。遠藤が執念を結果につなげた。「僕らは引き分けでも苦しくなる。勝つしかない」。後半13分、相手DFをかわしてのラストパスでバレーの先制弾を生んだ。


3分後には千葉の浅い最終ラインを見抜く自陣からのパスでバレーの2点目を演出。がけっぷちで逆転Vへの夢をつなぐ2アシストだった。
 極限の疲労を克服した。天皇杯山形戦で120分間出場から中2日。「影響はなかった」と言うが、序盤は動きが重かった。しかし、V奪還への思いが背中を押す。西野監督は「途中で(動きが)落ちて、また上がった」と驚き「ミスが少ないから体力のロスも少ない。技術の高さをあらためて感じた」とうなった。
 昨年の今ごろは自宅療養中だった。10月にウイルス性肝炎を発症。39度の高熱が1週間続き、意識は遠のいた。鹿児島から母セツ子さんが駆けつけ、懸命に看病した。回復を願うファンや仲間からは千羽鶴が届いた。「死ぬかと思った」と振り返るが、周囲の支えがあったからこそ、今がある...

ニュースの続きを読む


でんすけ⇒ プラグアダプター【ケーブル★AV】 VICTOR VZ-DS100






2007年11月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新情報・・・G大阪遠藤からバレー3分2発/J1 | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新J2札幌が「守」志貫徹で昇格決める! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。