FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 農業に熱視線 地銀支援続々 国内初のファンド/農産物担保融資…地域も活性化

でんすけ⇒ 【掛図式スクリーン】 OS MT-100V-WG103
 地方銀行が農業支援ビジネスを拡大している。従来、農業向け投融資は農協系金融機関が中心だったが、法人向け貸し出しが伸び悩む中、地銀は新たな収益源につなげようと、金利優遇した農家向けローン、農産物を担保にした融資などに力を入れる。“地元産業”である農業を支援し、地域経済の活性化につなげる狙いもある。

 多くの地銀が取り扱っているのが、原則として担保を取らない農家向けローンだ。

 山形銀行は昨年3月、県内の農家向けに運転資金や設備資金を500万円まで貸し出す農家向けローン「いぶき」の取り扱いを開始した。融資期間は最長5年。市町村が認める認定農業者であれば、金利を最大0・4%優遇する。




 昨年4月には1000万円までの範囲内で借り入れ、随時返済できる農家向けローン「みのり」の取り扱いも開始。両ローンの利用は今年9月末で約50件、残高は約1億5000万円に達した。

 茨城県地盤の常陽銀行も最大500万円の農家向けローン「大地」を取り扱っており、今年10月末の残高は約8億円に達した。認定農業者に加え、農業関連事業者の交流を目的に作った会員組織に入会すれば、金利を最大1%優遇している。

 不動産ではなく、動産の農産物を担保にした「動産担保融資」も増加。優良事業者であれば担保資産に乏しくても資金調達を多様化できる。

 北海道の北洋銀行は昨年10月、商工中金とともに恵庭市の農園を対象に、野菜を担保にした協調融資を実施...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


キャビネット【アウトレット】






2007年11月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新情報・・・マックスバリュ東北、24時間営業店舗で11月15日午前0時からボージョレ・ヌーボーを販売 | 山形県 新聞速報TOP | 山形ならこれ! 福沢諭吉記念祭全国高校弁論大会:西村、越智、三郎丸さんに優秀賞 /大分 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。