FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形県特報-【海坂藩物語 「蝉しぐれ」から】(3)死んだからこそともに

人気商品ですスタイリッシュスケールB8010体脂肪計,体水分計付デジタル体重計【SIMPLE】ガラス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070915-00000013-san-l06
 …青白くて大きい父の足を見る。すると、いかにもいま父と二人きりでいるという気がして来るのだった。(「蟻のごとく」の章)

                   ◇

 激動は足元から始まる。文四郎の養父、助左衛門が捕らえられたのだ。だが「一大事ということですか」という母の問いに、文四郎は「そうです」と冷静に答える。

 半月ほどして処分が決まり、文四郎は兄の服部市左衛門に付き添われ、龍興寺で最後の対面に臨む。「わしは恥ずべきことをしたわけではない」と助左衛門は明かすものの、文四郎は言いたいことも言えず、永の別れとなってしまう。




 翌日、切腹して果てた助左衛門の遺体を、引き取りにきたときの場面。文四郎は父を載せた荷車が重く、本当は避けたかった繁華な近道を通るしかなかったが、人目のない武家町などに入ると、ほっとして一息つき、菰(こも)からはみ出た助左衛門の、青白くて大きい足を見る。

 父が死んで逆に、父とともにあるという感覚は、少年の感受性としてよく理解できる。父がいかに高潔であり、他に抜きんでていたとしても、今は自分が引く荷車の上に横たわり、一緒にいる。それは、もはや離れることがないという、所有感に近い親近感といえるかもしれない。

 助左衛門は、藩主の世継ぎをめぐるお家騒動に巻き込まれたのだ。

                   ◇

 お家騒動は江戸初期、諸藩で相次いだという...

ニュースの続きを読む


美多眠屋実店舗売上ナンバー1立体ツインキルト加工だから温かさがグーンとアップ【送料無料】立...






2007年09月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形県最新自動車保有台数:06年度、2.35台--1世帯当たり /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形県旬の魚届けて:イサバ今昔/下 消えゆく街の文化 /山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。