FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形速報-G大阪得点ラッシュだ、西野監督奮起期待

送料無料新米30kg!栽培の難易度の高さから栽培が少なくなり純粋なものが手に入りにくくなった...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000116-nks-spo
 奇跡の逆転優勝へ、G大阪が「試練の中2日」を乗り切る。G大阪西野朗監督(52)が8日、10日の千葉戦(万博)に向けてFW陣に奮起を促した。7日の天皇杯山形戦は次々と決定機を外し、PK戦の末に辛勝。指揮官は「ストライカーたちへの不満が残る」とあえて厳しい言葉を投げかけた。次節で負ければ、11日に浦和が勝った場合は優勝が消えるがけっぷち。それでも、最後まで戦い続ける。
 状況は確かに厳しい。だが、2年ぶりのリーグ制覇はあきらめていない。だからこそ西野監督は、前日のいら立ちを押し殺しながら、攻撃陣にハッパをかける言葉を並べた。


「正直、決定機を外しすぎた。あんなに苦戦するとは思わなかった。ストライカーたちへの不満が残る」。その表情は厳しかった。
 残り4試合。首位浦和との勝ち点差は7で、次節にも宿敵の優勝が決まる可能性がある。奇跡の逆転Vを果たすには、負けは許されない。そんな中、7日の天皇杯山形戦(万博)で思わぬ苦戦を強いられた。中2日で臨む千葉戦へ主力を温存できない大誤算。9人が120分間出場し「ダメージの残る試合」と指揮官も渋い表情だった。さらに追い込まれた今、決定力不足を露呈した攻撃陣の奮起を促すしかなかった。
 ゼロックススーパー杯、ナビスコ杯と既に2冠をつかんだG大阪だが、強行日程を乗り切ることは簡単ではない。今季、中2日で臨んだ試合は7戦で2勝のみと、データ的にも芳しいものではない...

ニュースの続きを読む


でんすけ⇒ 4極プラグヘッドホン 【ヘッドホン】 SHARP HP-MD90-B






2007年11月10日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形ピックアップ! | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新ニュース:G大阪ヒヤヒヤPK進出…天皇杯4回戦 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。