FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ピックアップ!

いーぐる⇒ eデスク(Wタイプ)【eデスク(Wタイプ)】 SANWASUPPLY ED-W6575
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000007-dal-socc
 天皇杯サッカー4回戦(7日・万博ほか)、J1のG大阪は万博でJ2山形と対戦し、2-2からのPK戦の末に辛くも5回戦に進出した。前半に2点をリードされたG大阪は後半、FW播戸竜二(28)、MF二川孝広(27)のゴールで追いついた。J1川崎はJ2のC大阪を3-0で下し、ベスト16入りした。
 ナビスコ杯制覇の余韻を一気に冷ますような大苦戦だった。98年にクラブ唯一の天皇杯初戦敗退に追い込まれた“天敵”山形相手に、前半2点をリードされるまさかの展開。延長、PK戦の末、悪夢の再来は逃れたものの、試合後の西野監督からは「余計な30分だった。


90分で決めないといけない試合だった」と、思わずため息がもれた。
 試合前日に西野監督の続投が正式決定。G大阪にとって新たなスタートだったが、ナビスコ杯決勝からスタメン6人を入れ替えて臨んだ前半は全くかみ合わず、凡ミスのオンパレード。サポーターからは容赦ないブーイングが飛ぶほど、精彩を欠いた。
 後半、温存していたMF二川、DF加地を投入し、何とか追いついたが指揮官にとっても想定外の流れだった。「本当はヤット(遠藤)もどこかで代えようと思っていたが…。そうはいかなかったね」と、頭をかいた。
 「やっぱり一発勝負の初戦っていうのは難しさがある。今日は上にいけただけで良しとせんと」とFW播戸。ただ、10日にリーグ千葉戦が控える中で、120分を戦い抜いた選手たちに、疲労が残るのは間違いない...

ニュースの続きを読む


いーぐる⇒ eデスク(Wタイプ)【eデスク(Wタイプ)】 SANWASUPPLY ED-W6575






2007年11月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形:10月のgoo検索ランキング、沢尻や赤福、初音ミクなど急上昇 | 山形県 新聞速報TOP | 山形って知ってます? >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。