FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形って知ってます?

山形県高畠屋代産ふじりんご5kg 20個
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000081-sph-socc
 ◆天皇杯4回戦 G大阪2-2(PK5-3)山形(7日・万博競技場) G大阪が、薄氷を踏む白星でベスト16へとコマを進めた。J2山形を相手にまさかの大苦戦を強いられたが、2-2の同点で迎えたPK戦で、GK藤ケ谷陽介(26)が好セーブを披露した。

 綱渡りでも、勝つことに大きな意義があった。万博の寒空に背番号22が躍る。土俵際での16強進出。G大阪を次なるステージへ押し上げたのは、GK藤ケ谷だった。

 値千金のビッグセーブが、苦境から救い出した。一進一退の120分間を終えたPK合戦。「1本でも止めれば勝てる」見せ場は2本目だ。


DFレオナルドの弾道を完ぺきに読み切った。初優勝したナビスコ杯でも、好守を連発した守護神の好反応。浜松天竜中時代には“PK達人”の異名をとった26歳は「ちょっと苦しかったです」と、小さくガッツポーズした。

 柔和なマスクの陰で、強い反骨心を搭載している。磐田東高では、3年時にV川崎(現東京V)の練習に参加。FWカズ、武田といった役者たちのシュートを「1本も止められなかった」という。「途中で何度も帰りたくなった…」8年前に味わった悔しさが、確かな糧だ。

 西野朗監督(52)も「こういう結果を次につなげないとダメ」と、手綱を締め直した。2日後には、大逆転Vの望みを捨てていないリーグ戦(10日・千葉戦)も再開。勝負のJ終盤戦。たっぷり汗をかいたG大阪が、反攻への足取りを整えた...

ニュースの続きを読む


【送料無料お歳暮】山形県大江町産 ゴールド ラ・フランス






2007年11月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形ピックアップ! | 山形県 新聞速報TOP | 山形薬害肝炎「協議前進を評価」 仙台訴訟弁護団 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。