FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ならこれ! 発作で脳神経のつなぎ目減少=難治性てんかんで記憶障害メカニズム解明-都研究所

John Milton(ジョン・ミルトン) ☆当店オリジナル☆パインファニチャー・キュリオケース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000017-jij-soci
 抗てんかん薬を飲んでも完治しない「難治性てんかん」の発作による記憶障害のメカニズムを初めて解明したと、東京都神経科学総合研究所の山形要人副参事研究員らの研究グループが7日、米国科学雑誌「ニューロン」電子版に発表した。発作で脳内の神経細胞間のつなぎ目(シナプス)が減少して記憶障害が起きる仕組みだとしている。



 研究グループは、発作が起きると脳の神経細胞内で「アルカドリン」というたんぱく質が合成され、それがシナプス維持に必要な物質「N-カドヘリン」を減少させることを突き止めた。発作の繰り返しでシナプスが少なくなり、神経細胞間の情報伝達が阻害されるため、記憶・学習障害を引き起こす原因になるという。
 難治性てんかんは国内に20万~30万人いるとされ、小児患者の約3分の1に発育や学習面などでの遅れが生じるという。今回シナプス減少のメカニズムが解明されたことで、新薬や治療法の開発につながることが期待される。 

いーぐる⇒ 中棚(D500)【中棚(D500)】 SANWASUPPLY EN-1505






2007年11月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形って知ってます? | 山形県 新聞速報TOP | 山形ならこれ! 川崎、G大阪が5回戦へ=天皇杯サッカー >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。