FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ありがとうルーシー・盲導犬と築いた絆:第3部・新たな旅立ち/14 /山形

でんすけ⇒ 円偏光フィルターPL-C 77mm II【レンズフィルター★】 CANON FILTER77PLC2
 ◆変化
 ◇「事件」で心通うように
 代替の盲導犬を持った際に、どうしても無意識のうちに1頭目の犬と比較してしまう使用者は多い。「前の犬はこんないたずらしなかった」「前の犬の方が優しかった」というように。使用者にとっては何気ない言葉かもしれないが、それは時として新しい犬との信頼関係をぎくしゃくしたものにさせてしまう。
 栃木盲導犬センターの訓練士、西原健司さんは「2頭目との生活は始まったばかりなのに、使用者が10年近く一緒だった1頭目の域まで求めようとするので、犬が混乱する」と話す。そのことを使用者に指摘しても分かってもらえず、結局は歩行にも支障が出て、別の犬と交換するか、盲導犬の所持を断念するケースもあるという。



 今野善一さんは、堆肥(たいひ)を食べていたという「脱走事件」でエブリィをきつくしかったが、実はルーシーの時も同じような経験が2回ほどあった。他にも天ぷらの廃油を2~3リットルも飲んだことがあり、今野さんはその都度厳しく怒ったが、ルーシーはけろっとした表情で、意に介さなかった。だから、エブリィもそうだろうと思ったのだが、反応は全く違い、おびえて震えてしまった。
 エブリィは初めて今野さん宅に来た時、家族にあいさつだけするとそのまま寝た。「最初は興奮して落ち着かないのに、エブリィはすぐに慣れた。こんなのは初めてだ」と西原さんを驚かせた。また、今野さんが旅館で仕事している間もルーシーと違って客室に入らず、じっと土間で待っていた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


でんすけ⇒ コウカンバリ【コウカンバリ】 AUDIO-TECHNICA ATN-10G






2007年11月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形ならこれ! 川崎、G大阪が5回戦へ=天皇杯サッカー | 山形県 新聞速報TOP | 山形関係ネタ発見! 山交バスの酒気帯び運転:山形運輸支局、警告書交付 再発防止求める /山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。