FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形県暮らしの中の祈り 特別企画公演「祈りのかたち」15日、大阪・国立文楽劇場

 【米沢・宝来織】みちのく綾織八寸名古屋帯草木かさね染(うこん・五倍子)全通「大地の極み」
 人は日常生活において、さまざまに“祈り”を捧げる。大阪・国立文楽劇場では15日午後1時から、特別企画公演「祈りのかたち」と題して、数百年という長い年月をかけて人々の暮らしのなかに伝承されてきた3つの祈りを紹介する。

 まずは「琵琶盲僧の檀家回りの法要」。盲僧は四季折々に檀家を一軒一軒まわり、神仏に祈りを捧げる宗教者。かつては九州から四国にかけて広く活動していたという。

 今回の公演では、いまにその風習を伝える宮崎県延岡市浄満寺の第15世住職、永田法順(宮崎県および延岡市無形文化財保持者)が、釈文という宗教的な語り物を琵琶にのせて語る。

 続いて、長崎県平戸市生月(いきつき)島壱部(いちぶ)に伝わる「かくれキリシタンのオラショ」。


オラショとは、幕府などの激しい弾圧を受け、潜伏しながらキリスト教の信仰を守り通した人々が伝承した祈りのことば。

 ラテン語のOratio(祈りの意)がなまったもので、日本語以外にラテン語、ポルトガル語などからなりたち、神秘的な響きを伝えている。かくれキリシタンが命をかけて守り通した祈りのことばである。

 最後に「佛向(ぶっこう)寺一向(いっこう)上人開山忌踊躍(ゆやく)念仏」。中世に誕生した一向上人を祖とする一向派の僧たちは遊行と踊り念仏をもって民衆に念仏の教えを説き広めた。

 この躍動感あふれる踊り念仏をいまに伝えるのが山形県天童市の佛向寺の踊躍念仏...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


送料無料30kg!光沢がよく色も美しく極良食味であることから出会った途端に一目惚れするような...






2007年09月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形県 24時:山形・ブロック塀に衝突し、トラックの女性死亡 /青森 | 山形県 新聞速報TOP | 山形県アサヒ、国産プレミアムワイン「サントネージュ エクセラント」シリーズ2品を発売 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。