FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 ありがとうルーシー・盲導犬と築いた絆:第3部・新たな旅立ち/11 /山形

いーぐる⇒ Eフィルターグリーン【モニタオプション★】 ELECOM CRT用フィルター GESC-STM
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000075-mailo-l06
 ◆テスト
 ◇犬と人の呼吸が大事
 今野善一さんが栃木盲導犬センターで実施していたエブリィとの共同訓練は、最終日を迎えていた。この日は恒例のテストだ。センターに近い栃木県鹿沼市のデパートを1周(約600メートル)し、複数の訓練士が離れた後方からチェックする。ロの字形の単純なコースとはいえ人通りが多く、道路横断も数カ所あるので、これまでの基本訓練の成果が分かる。
 最初は一緒に共同訓練をしていた福島県いわき市の男性がスタート。男性は1年近く前に体調を崩して盲導犬を手放しており、もう一度犬と生活したいと代替犬を希望していた。


犬はエヴァーといい、エブリィとは同胎の兄弟にあたる。約30分後、男性が「道を間違えたよ」と言ってゴール。次は自分の番だった今野さんは、その言葉に表情が少し硬くなった。
 テストが始まり、今野さんが広い歩道を歩いていた時、エブリィは前に止まっていた屋台車をよけずに突っ込んで行った。今野さんが何とか対処したが、今度は縁石のない道で次第に車道側を歩行し、訓練士をハラハラさせた。また、道沿いに設置されていたあずまやに迷い込んで今野さんを柱にぶつけたり、犬のほえる声に反応して跳び上がって興奮するなど、思わしくない結果となった。
 テストを終えた今野さんは開口一番「今までの中で最も悪かった。(同じコースを歩いた)前日は完ぺきだったのに。この子は一度したことは二度やりたがらない...

ニュースの続きを読む


いーぐる⇒ USB LANアダプタ【LANアダプタ★】 BUFFALO LUA-U2-GT






2007年11月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形関係ネタ発見! コンサート:障害なんの 盲導犬と舞台に、前川さん弾き語り--山形 /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形って知ってます? >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。