FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最新山形情報:粒子線治療施設 宮城県がんセンターに開設へ

でんすけ⇒ Oリングキット【カメラオプション★】 SONY Oリングキット ACC-MP105
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071103-00000008-khk-l04
 がんの最先端医療「粒子線治療」の施設の設立計画を進めている東北大医学部グループは、名取市の宮城県立がんセンターに「東北粒子線がん治療センター(仮称)」を2009年度にも開設する方針を固めた。粒子線治療は放射線治療より副作用が少ない。経営は特定目的会社(SPC)、医療行為は医療法人が行い、経営リスクの分散を図る。同種施設は千葉市など全国6カ所にあるが、SPCの運営は初めて。

 治療は粒子線の一種の陽子線を使う。陽子を高速で病巣に照射してがん細胞を破壊する。人体の深部でエネルギーを放出するため、体表面近くの正常組織の被ばくが小さく、合併症や副作用が抑えられる。




 治療できるがんの部位も肺、肝臓、前立腺、子宮、脳、喉頭(こうとう)などと幅広く、放射線治療の対象範囲に匹敵する。目の悪性黒色腫などの早期がんから局所がんまで対応できる。

 センターは陽子線装置のほか、PET(陽電子放射断層撮影装置)、CT(エックス線断層撮影装置)、MRI(磁気共鳴画像装置)を導入する。

 治療は4―6週間かかり、患者はがんセンターに入院する。通院も可能。治療は保険適用外で、治療費は標準で280万円程度掛かる。年間300人以上の治療を目標にする。

 総事業費は約50億円でSPCは本年度内、医療法人は08年以降に設立する。高額で費用負担の重い医療機器はSPCが購入して医療法人に貸し付け、医療法人の初期投資の負担を軽くする...

ニュースの続きを読む


でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 USB2.0ケーブル(グラファイト・2m)【ケーブル★USB】 SANWASUPP...






2007年11月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形ピックアップ! | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新ニュース:子供のネット利用で日米に差「日本の親はもっと関与すべき」 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。