FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ピックアップ!

でんすけ⇒ EIA用スリット付棚板【EAI用スリット付棚板(2U)】 SANWASUPPLY CP-SVNT2U
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000019-maip-soci
 加速したイオンを照射して突然変異を誘発し、淡い黄色の花びらを持つサクラの新品種を理化学研究所が作った。照射量が少なくて済み、放射線や薬品を使う従来の品種改良法に比べて傷つく遺伝子が少なく成功率が高いという。研究チームはリンゴやサクランボなど、他のバラ科に属する果樹の品種改良への応用も目指す。



 理研仁科加速器研究センターの阿部知子・副チームリーダーらは、淡い緑色の花をつける「御衣黄(ぎょいこう)」という品種のサクラの枝に炭素イオンビームを照射。山形県の農場で青葉桜に接ぎ木して育てた。従来の方法では新品種ができるまでに約10年かかるが、今回は4年という短期間でできた。
 花は直径4~5センチと大輪で、淡い黄色が混じったピンクの花びらに明るい黄緑色の筋が入っている。開花時期はソメイヨシノより約2週間遅いという。「仁科蔵王」と名付けられ、すでに農水省に品種登録された。来年秋から花苗の販売を予定している。【西川拓】

でんすけ⇒ CP-026N用鍵付きバックパネル【バックパネル(CP-026N用)】 SANWASUPPLY CP-026N-2






2007年11月03日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形の話題なら・・・謎のマスクマン“ラプター”が初参戦=ノア | 山形県 新聞速報TOP | 最新山形情報:反町ジャパンにオシム魂を注入 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。