FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ならこれ! ありがとうルーシー・盲導犬と築いた絆:第3部・新たな旅立ち/9 /山形

和合平産 王林6玉入 ~爽やかな秋の味覚青りんご《お取り寄せグルメ 秋の産直フルーツ》
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000100-mailo-l06
 ◆面会制限
 ◇寂しさから「子離れ」へ
 エブリィを栃木盲導犬センターに返したパピーウオーカー(子犬育成ボランティア)の安藤由美さんには、一つだけ心配事があった。それは「寂しがり屋のエブリィが、センターの犬舎に1頭で入っていられるか」という問題だった。最初のファンシーの時も1頭でいられず、しばらく職員がいる事務室で過ごしていた。「エブリィもそうなれば、私の育て方が悪いと言われないだろうか」。安藤さんは気が気でなかった。
 心配は的中し、エブリィは1頭で犬舎に入れなかった。息が荒くなり、よだれを垂らすなど不安感を強くしたのだ。


訓練士が2頭にすると、エブリィは落ち着いた。「可愛がられて育てられたのだろうなあ」というのが、訓練士にも手に取るように分かった。
 パピーウオーカーはこれまで、預かった子犬を盲導犬訓練施設に返したら、犬に会えないのが習わしだった。犬に里心がつき、訓練に身が入らなくなる可能性があるからだ。最近は緩和される傾向にあり、栃木盲導犬センターでは訓練を始めて2カ月間は面会できないが、それ以降は犬の状況をみて判断するシステムにしている。
 しかし、安藤さんは1回目の面会は許されたが、その後はセンターからストップをかけられた。センターによると、面会後のエブリィは安藤さんのことを強く思い出し、犬舎の中で鼻を鳴らしたり寂しがるなど、精神的に引きずっていたという。安藤さんは仕方なく、気づかれないように遠くからエブリィの姿を見守るしかなかった...

ニュースの続きを読む


[DVDソフト] SWING GIRLS スウィングガールズ スペシャル・エディション【野球_日本一2007シー...






2007年11月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 最新山形情報:[食用菊]「もってのほか」収穫の最盛期 山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形速報-“目からウロコ”なアイデアチェアも登場――東京デザイナーズウィーク >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。