FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ならこれ! つぼみ黄色 桜の新種 理研など、来秋に花苗販売

いーぐる⇒ eデスク(Wタイプ)【eデスク(Wタイプ)】 SANWASUPPLY ED-W13580
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000019-fsi-ind
 ■重イオンビーム照射で突然変異誘発

 理化学研究所とJFC石井農場(山形市)は31日、重イオンビームの照射で桜の新品種「仁科蔵王」=写真右=を誕生させたと発表した。理研としては初めて農水省に品種登録を行い、2008年9月に花苗を発売する計画だ。

 重イオンビームは、イオンを加速器で高速化して照射するもので、X線やガンマ線などよりも、遺伝子の変異率が高く、変異する部位も限定的で性質を固定化しやすいことから、優れた突然変異誘発法として期待されている。




 研究グループは、緑色で明るい黄緑色の筋が入った花びらが特徴的な「御衣黄(ぎよいこう)」=写真左=の枝に炭素イオンのビームを照射し、突然変異種を作成した。

 新品種「仁科蔵王」は、花の色が淡黄に変色したほか、花のサイズが拡大。花びらの数は10~12枚で八重咲きの御衣黄より減って7~8枚の半八重咲きになった。御衣黄と同じくソメイヨシノより2週間ほど遅れて開花する。つぼみが特に黄色いので、淡いピンクのソメイヨシノと混植することで違いが引き立つという。

 「加速器研究の父」として知られる仁科芳雄・元理研所長の名字と、山形で育種したことから仁科蔵王と命名された。

でんすけ⇒ アクセサリーキット【カメラオプション★】 SONY アクセサリーキット ACC-CFR






2007年11月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形についてのメモ。 | 山形県 新聞速報TOP | 山形 【特報 追う】ご当地検定 参入の勝算はあるのか >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。